コロナ疑い患者への250点、陽性患者への147点が条件付きで算定延長に

10月26日付で「新型コロナ感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その79)」が発出され、10月31日まで算定が認められていた新型コロナ疑い患者(対面診療)に対する「二類感染症患者入院診療加算【250点】」と、新型コロナ陽性で重症化リスクの高い患者(電話等診療)に対する「電話等による診療」【147点】について、来年3月末まで条件付きで延長されました。11月以降に算定する場合は要件が強化されますので、ご留意ください。

詳しくは協会からの10/28付FAX通信や下記フローをご覧ください。

※「臨時的取扱い(その79)」はこちら

ページ
トップ