より良い医療制度をめざす活動

【14.04.15】医師・歯科医師署名にご協力ください(2)

医療・介護総合法案は廃案を(2)

 4月1日の衆院本会議で、医療・介護総合法案(正式名称「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案」)の趣旨説明と質疑が行われた。
 この法案は「社会保障・税一体改革」を具体化する第一弾と位置づけられている。法案は1本のように見えるが、医療法・介護保険法・健康保険法・高齢者医療確保法など30もの法改正を包含して一括提案し、審議も採決も一括しようというもの。この手法に、野党はもちろん与党内からも批判が起きている。

県の権限強化の病床機能報告制度―ペナルティーも


 なかでも、医療機関に医療機能を報告させる「病床機能報告制度」は大きな問題といえる。一般病床がある病院(有床診も対象)に、「高度急性期」「急性期」「回復期」「慢性期」の4区分から選択させた上で、「許可・稼働病床数や病床種別」「新規入院・在院・退院患者数」「患者重症度や医療必要度」「退院先の場所別患者数」等を細かく都道府県に報告させる制度となっている。都道府県は、二次医療圏等ごとの「医療の必要量」(入院・外来・疾患別の患者数等)を基に、「地域医療構想(ビジョン)」を策定するが、実現性を確保するために、(1)病院の新規開設・増床の際に、圏域で不足している医療機能を担わせる、(2)既存医療機関には医療機能の転換を中止させる、(3)稼働していない病床は削減を求める。(4)これらに従わない医療機関には管理者の変更命令や地域医療支援病院・特定機能病院承認の取り消し、各種補助金の交付対象から除外などのペナルティを科す権限を県に付与――などという厳しい内容だ。
 このほか法案では、医師個人の責任追及につながりかねない医療事故調査制度の設置や「持ち株会社型」の医療法人を認可する見直し、看護師・放射線技師・検査技師・歯科衛生士の業務範囲見直しなどが盛り込まれている。

県医師会代議員会も批判


 医療・介護総合法案について、3月15日開催の愛知県医師会代議員会では、「本来個々に議論されるべき医療法や介護保険法などの改正案を一括法案と称し、国民ヘの丁寧な説明もなく、きめ細かな議論も経ずに成立させることを目論んでいる。これは社会保障制度の効率化の名のもとに、医療費抑制ヘと向かう政府の姿勢を一層明らかなものとしている」「財政先行の社会保障制度改革を改めよ」と批判的内容の決議を採択したほか、30日の日本医師会代議員会でも補助交付対象から外すなどの罰則規定に関して、「絶対認めてはならない」との発言も出たと報じられている。

「介護難民」生み出す


 「介護」では、「介護保険の利用料の二割への引き上げ(所得百六十万円、年金収入では二百八十万円)」「特別養護老人ホームの入所を要介護三以上に限定」「低所得でも預貯金等の資産があれば施設の居住費・食費は補助しない」「介護予防給付のうち訪問介護と通所介護を市町村事業へ移行」などの改悪が並ぶ。
 このうち「特養入所を要介護三以上に限定」は、厚労省発表(三月二十五日付)でも特養入所待機者が五十二万以上あり、そのうち三分の一以上が要介護一や二という現状を見れば、「介護難民」を生み出すことになる。
 また、「介護予防事業の市町村事業移行」は、中央社会保障推進協議会が全国の市町村に実施したアンケートでは、三割の市町村が「市町村に移行されても対応不可能」と回答している。このことは、提供するサービス内容や価格で市町村間の格差が生まれかねないことを示している。事業所にとっても要支援者を比較的多く抱えている小規模事業所では、事業の存続そのものに影響を及ぼし、事業の縮小・撤退や職員の処遇悪化などが生じかねない。
 このように、安心の医療・介護を脅かす「医療・介護総合法案」は廃案しかない。廃案を求める医師・歯科医師署名に多くの会員の賛同をお願いしたい。

署名項目

医療・介護総合法案の廃案を求める医師・歯科医師署名

私たち医師・歯科医師は、以下の事項を強く要望いたします。
一、安心の医療・介護を脅かす「医療・介護総合法案」は廃案にすること


医療・介護総合法案の廃案を求める医師・歯科医師署名要領
◎署名用紙 … 先生ご自身の医師・歯科医師署名です。(ゴム印でも可)
◎返送方法 … 本号同封の医師・歯科医師署名用紙にご記入の上、ファクシミリでご返信ください。
◎締め切り … 5月末日(できる限り早めにお願いいたします)
◎提出方法 … 賛同いただいたお名前を連名にして、保団連国会行動で、首相、厚労大臣、および地元選出衆参国会議員などに提出します。
〈連絡先〉この医師・歯科医師署名に関するお問い合わせは、愛知県保険医協会・署名係までお願いします。
TEL 052-832-1346 FAX 052-834-3512

署名用紙のダウンロードはこちら

▲ このページの先頭にもどる