より良い医療制度をめざす活動

【12.01.25】健診・検診事業

 データマップ2011の第6回は「健診・検診事業」について特定健診・がん検診・歯周疾患検診について、実態の報告と解説を行う。

健診・検診事業

要請項目
○特定健診、がん検診、歯周疾患検診は、年一回無料で受けられるようにしてください。また、医療機関で行う個別方式・保健センターなどで行う集団方式をともに実施してください。

特定健診

 自己負担無料で受診できるのは個別方式で35市町村(65%)、集団方式で25市町村(46%)であり、個別方式・集団方式のどちらかで無料受診できるのは、40市町村(74%)である。
 個別方式で無料受診できる割合が前年より5%増えており、長年の働きかけの成果だと言える。

各種がん検診

 自己負担無料で受診できるのは、肺がん検診を除きほとんど実施されていない。
 毎年受診の可否を今回のキャラバンではじめて調査した。胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がんは個別方式・集団方式とも実施市町村割合で過半数を超えているが、子宮がん・乳がんは、国の示すガイドラインが「2年に一度」となっており、これに従う市町村が多く、それぞれ2〜4割台にとどまっている。

歯周疾患検診

 自己負担無料で受診できるのは、個別方式が30市町村(56%)、集団方式が23市町村(43%)とまだ少ない。
 毎年受診可能としている市町村は個別方式が13市町村(24%)、集団方式が19市町村(35%)とまだ少数にとどまっている。

毎年無料実施を


 特定健診・各種がん検診・歯周疾患検診を「毎年」「無料」で受診できるようにすることで、医療費削減につながることから、全市町村での実施が望まれる。

健診まとめ(2011年)
特定健診実施状況(2011年)

キャラバンまとめ冊子を発行しました!

  2011年キャラバンのまとめ冊子「自治体要請行動のまとめ」を発行しました。
 介護、高齢者医療、子ども医療、国保、健診、予防接種などの四十項目を超える市町村別実施状況のデータを収録しています。各市町村の医療・福祉・介護の実態を分析する上で大変参考となります。
 ご希望の方は、下記までお申し込みください。通常は頒価300円のところ、協会会員は無料でお送りします。

申込先 保険医協会実行運動担当
  電話  052−832−1346
  FAX  052−834−3584

▲ このページの先頭にもどる