より良い医療制度をめざす活動

【10.06.05】事業税非課税措置・租税特別措置存続会員署名のお願い

事業税非課税措置・租税特別措置存続を求める
会員署名のご協力のお願い

 2010年度「税制改正大綱」で、今年分は社会保険診療報酬に対する事業税の非課税措置は存続となったが、今年1年かけて議論し結論を出すこととなった。また、租税特別措置法第26条(4段階税制)を含む租税特別措置については、今後4年間で抜本的な見直しを図ることとされた。
 政府は、税負担の減免措置は税負担の公平性から逸脱し財政赤字の一因になっているとして、その抜本的見直しを税制改革の重要な柱の一つに位置付けており、2011年度税制改革では大幅な見直しも予想される。
 そこで協会は、参議院選挙を前にしたこの時期に、「社会保険診療報酬に対する事業税非課税措置・租税特別措置(4段階税制)存続を求める会員要請署名」に取り組むことを決めた。協力をお願いしたい。

【会員要請署名項目】
社会保険診療報酬に対する事業税非課税措置、租税特別措置(4段階税制)の存続を求める要請書

一、社会保険診療報酬に対する事業税非課税措置を存続してください。
一、社会保険診療報酬に対する所得税の所得計算の特例措置(租税特別措置法第26条、いわゆる4段階税制)を当面存続してください。
 要請書は、寄せられた医師・歯科医師名を連名にして、首相、厚労大臣、財務大臣、政府税制調査会委員および地元選出衆参国会議員に提出するとともに、要請書に書き込まれた「私のひと言」を連名要請書に添付する。

【会員要請署名実施要領】

◎要請書用紙…6月7日(月)または8日(火)に、FAX登録のある会員の先生に送信し、それ以外の先生には郵便でお届けします。
◎署名対象者…先生ご自身の医師・歯科医師署名です。(ゴム印も可)
◎返送方法…FAXまたは郵送で返信をお願いします。
(愛知県保険医協会行き/FAX052・834・3512)
◎締め切り…(第一次分)6月末日

▲ このページの先頭にもどる