より良い医療制度をめざす活動

【08.05.25】後期高齢者医療制度 わたしのひとこと

後期高齢者医療制度 わたしのひとこと

 昨年から協会が取り組んでいる、後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める署名は五月二十日現在、一万六千六百五十二筆が集まった。
この署名は、後期高齢者医療制度の中止・撤回を求めるとともに、七十〜七十四歳の窓口負担の二割への引き上げを止めること、医療関連予算を増額することを求めている(署名の請願事項は資料1)。
 なお、昨年九月から取り組んできた医療費総枠拡大を求める医科・歯科署名で後期高齢者医療制度の凍結・抜本見直しや患者負担の軽減を求めており、これらの国への署名と合わせると、十三万筆近い署名の提出となる。
国会への提出では、地元愛知県選出のすべての国会議員に働きかけ、民主党・共産党の全議員が紹介議員となっている(紹介議員一覧は資料2)。
 ひと言付きハガキ署名には、「少ない年金で生活をしています。これ以上保険料が上がったり、保険で治療が受けられなくなると困ります」(緑区・女性)、「今の医療制度は非常に腹立たしく思っています。何を考えているのか? しっかり考え直してください。絶対中止すべきです。少しの年金から払うのは大変です。絶対許せません」(女性)といった切実な声が多数寄せられている。この一部を紹介する。

【お年寄りを大切に】

◆世話になった老人を粗末にするようになっては、国も終わりだ。(中村区・男性)
◆高齢者を大切にしない国で栄えた国はありません。日本の国は間違いなく崩壊へ向かっていると思います。(天白区・男性)
◆お年寄りは働けないのです。今あるお金で生きていかなくてはいけないのです。格差社会を年寄りまで広げないで!!(名東区・女性)
◆八十一歳の母と同居。糖尿病、高脂血症、心臓病がある上に、昨年より認知症で療養中。進行型なので検査もたびたび必要。薬代もかさむ。でもどれも削れない。最低限の治療は受けさせたい。(安城市・女性)
◆後期高齢者医療制度というのは老人を大切にしない制度だと思います。(天白区・女性)
◆安心して長生きできる日本であって欲しい。(北区・女性)
◆長い間働いてきて、老後くらい安心して暮らせるように。身体も心も不安なのにこれ以上淋しい老後にして欲しくない。(豊川市・女性)
◆戦後の混乱期を支えて盛り立ててきた人々が今は年を取ったから邪魔者扱いされるのか。(男性)

【老人は早く死ねというのか】

◆私たちは怒っています。不明なことばかり。年金から勝手に引き落とされるとのこと、テレビで知り、さらにびっくりです。年寄りは死んでください! と言っているようで老後が恐ろしいです。人間を大切にする政治を望みます。(瑞穂区・女性)
◆これ程、国民を愚弄した法律はないと思う。年老いた人、体の弱い人は早く死になさいと言っているような、こんな法律を考え出した自民党・政府には、私たちの怒りを思い知らせてやりたい。(岡崎市・女性)
◆私たち七十五歳以上の人は一人の人間として扱われなくなり世捨て人とされてしまいました。仕事はしない、病院通いが多いこんな奴はいつまでも生きていないで早く死んでもらいたいと今の政府は言っている。私たちは、戦中、戦後の日本を食うや食わずに背負ってきた。私たちが長い年月積み立ててきた保険料は何に使ったのか。(男性)

【これ以上の負担は大変!】

◆年金暮らしなのに、これ以上保険料を無理に天引きされると飢え死にです。絶対、中止・撤回してください。(緑区・女性)
◆私は薬をいろいろ飲んでいます。一度病院へ行くと薬局と病院で一万円はかかります。今の生活が精一杯です。これ以上年金から差し引かれる事は苦しいのひと言。ぜったい中止・撤回を希望する。(犬山市・女性)
◆国民年金のみの収入で家賃から生活費すべてをまかなっているので今でさえ食費は一カ月一万円ぎりぎりの生活です。近所の友人がみかねて総菜の差し入れをしてくださるのでみんなに助けられてなんとか生活出来ています。今以上苦しめられたら生活扶助でないと生きられない。(女性)

【差別医療は困る】

◆この制度は「差別医療」です。後期高齢者医療制度は中止・撤回!!(天白区・女性)
◆営々と勤務医をやって、自分が加療を受ける年齢になったら加療・検査に制限が。そんな馬鹿な制度をつくったら本当に日本は破滅する。即、制度は撤回すべし!!(千種区・男性)
◆憲法で規定されている「法の下での平等」はどうなったのか? 年齢を根拠にして差別が許されるのか?(春日井市・男性)
◆先日「シッコ」を見ました。健康であること・病気を治療することは、金持ちしか許されないぜいたくではありません。すべての国民に保障されるべき当然の権利です。(男性)

【ぜひ中止・撤回を】

◆これから先を生きていくのがとても不安な毎日です。中止・撤回を切に願います。(名東区・男性)
◆人権無視の前代未聞の悪法は全世界に恥ずべきものであり、直ちに撤回すること。(東区・男性)
◆私は六十七歳です。身体障害者で後期高齢者医療制度に今年四月から加入になり、年金から引き落としされる保険料が国保より高くなっている、なぜ? 我々が若いとき頑張って支払っていた金はどこに消えたのか? 行政の無駄の方がないか問題だ。この制度はすぐキャンセルしてください。(男性)
◆高齢者いじめはやめてください。命は平等です。生きるすべをなくすような保険制度はすぐなくしてください。(女性)

【お金の使い方を改めてほしい】

◆今の政府の政策は今まで日本を支えてきた方々に対し、大変失礼です。ムダな税金をすべて医療費に回すべきです。健康が維持できなければすべて失うことを分からないのでしょうか?(三好町・男性・三十四歳)
◆どんどん医療費があがり保険料負担も増加。どうしてこうなるのですか。無駄使いを止め、福祉の方へ廻してほしいです。病気も出来ない世の中の様で悲しいです。(昭和区・女性)
◆税金、年金のムダ使いをなくせば、こんな制度はとらなくてもよくなると思います。政治家はもっと良く考えて欲しいです。現場の声を大切にすべきです!!(岡崎市・女性)
◆税金の使い方が間違っています。みんな怒っています。(女性)

【政治のあり方を問う】

◆年寄りを大切にしない政治は人間を大切にしないこと。こんな政治は、国全体をダメにする。絶対に許せない。(緑区・男性)
◆国はアメリカの手先になり老人の生き地獄とならぬよう(アメリカの欲の矛先が日本の医療に目を付け)。息子(医師)が天職としてほこれる国となって頂けます事を祈っています。(津島市・女性)
◆長年月、健康な状態で健保財政を支えてきた高齢者に突然に多額の負担を強い、生活を脅かすことは人道に反する行為である。政治とは言えない施策である。(名東区・男性)


資料1 署名の請願事項
(1) 後期高齢者医療制度は、中止・撤回すること。
(2) 70〜74歳の窓口負担の2割への引き上げを止めること。
(3) 医療に使う国の予算を増やして、高齢者・国民が安心して医療をうけられるようにすること。

資料2 後期高齢者医療中止・撤回署名の紹介議員一覧(敬称略)
《衆議院議員》
(民主党)赤松広隆、岡本充功、河村たかし、近藤昭一、鈴木克昌、伴野豊、古川元久、古本伸一郎、前田雄吉、牧義夫
(共産党)佐々木憲昭
《参議院議員》
(民主党)大塚耕平、木俣佳丈、佐藤泰介、谷岡郁子
(共産党)井上哲士
衆・参合計16人

▲ このページの先頭にもどる