愛知県保険医協会の平和を求める取り組み

【03.12.12】憲法違反のイラク派兵に反対する決議

憲法違反のイラク派兵に反対する決議

 政府は、9日の臨時閣議で自衛隊の海外派兵のための「基本計画」を決定した。イラクとその周辺国では、米英軍による軍事占領下での襲撃事件が連日のようにおこり、多数の死傷者が発生し、まさに「戦争状態」である。
 いま、日本の自衛隊をイラクへ派兵することは、国際法に反して武力攻撃した米英軍の軍事占領を支援することになる。日本がおこなうべきことは、米英軍による占領支配への追随ではなく、国連中心の復興・人道支援の枠組みをつくるための積極的な外交努力と食料、医療などの非軍事による人道支援である。
 自衛隊のイラクへの派兵は何の道理も根拠もなく、平和憲法を踏みにじるアメリカ言いなりの暴挙であり、くりかえし反対を表明してきたが、あらためて自衛隊のイラクへの派兵計画をただちに中止することを強く要求する。

2003年12月12日 愛知県保険医協会理事会

▲ このページの先頭にもどる