point6 多彩な文化、地区活動、勤務医・女性医師歯科医師も独自に活動

会員相互の交流から新たなネットワークが広がります

「ほかの診療科の先生と話す機会がほしい」 「スタッフ向けのレクリエーションってないかな?」 日常診療に潤いを持たせる文化活動やレクリエーション活動にも取り組んでいます。
また、県内を6地区に分け、身近な独自の活動も行っています。
勤務医の独自課題に取り組む「勤務医の会」、女性会員の利益と権利を守る「女性医師・歯科医師の会」も旺盛に活動しています。

親睦を深める文化・レクリエーション企画

保険医協会では文化祭、文化講演会も開催しています。また、マジック教室、写真教室、男の料理教室なども好評です。いずれも会員は特別料金もしくは無料で参加できます。

家族や従業員も参加できる日帰りバスツアーも開催しています。

身近な地区活動

県内を6地区(名古屋北部・名古屋南部・尾張東部・尾張西部・西三河・東三河)に分けて独自の活動に取り組んでいます。

診療内容の向上に役立つ「日常診療を語る会」や地域の会員交流の場となる「年忘れパーティー」「新年会」などのレクリエーション企画を開催。また、地域住民にむけた「健康講座」や医療問題のシンポジウムなどを行い、地域住民からの信頼も高まっています。

勤務医の会

保険医協会の勤務医会員(準会員)は2,970人を超えています。多くの勤務医会員のために勤務医独自の課題を勤務医自身が取り組む場として1985年に「勤務医の会」を発足させました。勤務医のための企画立案・執行する機関として活動し、開業医と連携し協力を深める意味でも大きな役割を果たしています。

また、保険医協会では多発する医事紛争に備えて「医師賠償責任保険」の団体扱いを行っています。団体割引が適用され勤務医に好評です。

女性医師歯科医師の会

女性会員の利益と権利を守り、親睦を深めるという目的で2000年に発足しました。女性会員にアンケートを実施し、女性医師歯科医師がおかれている状況や、切実な要望・意見などをまとめ協会活動へ反映させてきました。これまでに経験交流会や講演会、文化交流などを企画し明るく旺盛に活動を展開しています。

▲ このページの先頭にもどる