会員のページ

【21.11.15】支払基金審査情報提供事例(抜粋)

 支払基金から「審査情報提供事例」が公開された。これは、審査における一般的な取扱いについて広く関係者に情報提供を行うとして、逐次公開されているもの。9月27日付で追加されたため、抜粋して主なものを掲載する。なお、全文は支払基金ホームページに掲載されているため、そちらを参照されたい。

歯科疾患管理料
○取扱い:原則として、他の病名がなく、乳歯の抜歯手術以外の処置がない場合、歯科疾患管理料の算定を認める。
○取扱いを定めた理由:口腔を一単位としてとらえ、抜歯対象となった当該歯のみに限らず、生活習慣、口腔環境の改善を図る継続管理を評価した歯科疾患管理料の主旨から当該管理料の算定は認められる。
○留意事項:歯科疾患管理料の管理の継続性や必要性に基づき判断することが必要であると思われる。

ヘミセクション(分割抜歯)
○取扱い:原則として、画像診断の算定がないヘミセクション(分割抜歯)の算定を認める。
○取扱いを定めた理由:視診や歯周病検査によって、根分岐部病変が確認できる場合は、画像診断を行わずにヘミセクションを行うことが臨床上あり得るものと考えられる。

▲ このページの先頭にもどる