より良い医療制度をめざす活動

【21.10.05】医師・歯科医師署名のお願い

2022年改定に向けて感染症対策評価を含めた診療報酬大幅引き上げを―医師・歯科医師署名のお願い

疲弊した医療提供体制を立て直す診療報酬改定を求める署名項目
一、国民に必要な医療を安定して提供するため、基本診療料(初・再診料、入院基本料など)と算定頻度の高い診療行為を中心に、診療報酬を10%以上引き上げること
一、新型コロナ感染症への対応に係る診療報酬である医科・歯科・入院の感染症対策実施加算、乳幼児感染予防策加算についての評価を引き上げ、基本診療料に包括して恒久化することを含め、改定に盛り込むこと
一、患者窓口負担を軽減すること
 

FAX登録のある会員→10月8日にFAX
FAX登録のない会員→10月中旬にメール便  でお届けします
こちらのリンクから署名することもできます

診療報酬は、2000年から10%以上の引き下げになっています。このような低医療費政策のもとでギリギリの経営を迫られていたところに、今回の新型コロナウイルス感染症の拡大で患者減や感染防止などの費用増が生じました。2020年度の国民医療費は対前年度比1.4兆円減となり、多くの医療機関が診療報酬の減収で疲弊しています。
次回診療報酬改定では、国民に安全、安心で、必要な医療を提供するため、これまでの低医療費政策を改めコロナで疲弊したすべての医療機関を立て直し、新興感染症に強い医療体制を確立する必要があります。同時に、受診抑制を招かぬよう患者負担軽減も実施すべきです。
コロナ禍で日本の医療提供体制や医師・看護師不足の問題が浮き彫りになり、社会的に認知されるようになりました。今こそ医療現場の声として、診療報酬引き上げ、感染症対策を含めた十分な診療報酬上の評価を求めることは国民世論にも受け入れられる課題です。
保険医協会では「医師・歯科医師署名」に取り組みます。各位のご賛同をお願いいたします。

〈署名実施要領〉

◎署名記入欄…先生ご自身の医師・歯科医師署名です。(ゴム印でも可)
※一枚に複数の医師・歯科医師名をご記入いただいても結構です。
◎返送方法…FAXでご返信をお願いします。(愛知県保険医協会行き/FAX:052-834-3512)
◎締め切り…11月30日(火)(できる限り早めにお願いいたします)
◎提 出…お名前を連名にして、首相、厚労・財務各大臣と地元選出国会議員に提出します。
この件に関するお問い合わせは愛知県保険医協会・医療改善運動係まで。電話052-832-1346

▲ このページの先頭にもどる