会員のページ

【21.06.20】定期総会にご参加ください

第72回定期総会

◆と き:6月20日(日)午後2時30分〜5時30分
◆ところ:名鉄グランドホテル 11階
◆定 員:150人(事前申込制)

◆プログラム
 定期総会 午後2時30分〜3時35分
 記念講演 午後3時45分〜5時30分

※参加費無料。
※ご参加の場合、協会事務局までご連絡ください(☎052-832-1345)。 「行事のお申し込み」ページ からも受付可能です。
※参加対象は会員・会員家族までとさせていただきます。
※参加会員には記念品を贈呈します。総会案内封筒(桃色封筒)が引換券となります。
※新型コロナウイルス感染防止のため、懇親会は行いません。

記念講演「ポストコロナ社会をどう作るか」

  ◆講師:山極 壽一氏
(総合地球環境学研究所 所長、京都大学 前総長)

◆講演趣旨:新型コロナウイルスの感染症がまん延して1年以上が経過した。やっとワクチンができ始めたと言っても、まだ3密を避ける生活を強いられている。今後は、もしコロナが収まったとしても前と同じような暮らしは送れない。では、いったいどんな生活を設計したらいいのか。コミュニケーションをテーマにして、人類の進化の歴史を遡りながら考えてみようと思う。

◆講師プロフィール:1952年東京都生まれ。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士後期課程指導認定退学。理学博士。(財)日本モンキーセンター研究員、京都大学霊長類研究所助手、京都大学大学院理学研究科教授等を経て、第26代京都大学総長、日本学術会議会長、国立大学協会会長、総合科学技術・イノベーション会議議員などを歴任。現在、総合地球環境学研究所所長。京都大学名誉教授。
専門は人類学・霊長類学。屋久島で野生ニホンザル、アフリカ各地で野生ゴリラの社会生態学的研究に従事。類人猿の行動や生態をもとに初期人類の生活を復元し、人類に特有な社会特徴の由来を探っている。
著書に『スマホを捨てたい子どもたち』 (ポプラ新書)、『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』(朝日文庫)等、多数。

▲ このページの先頭にもどる