会員のページ

【20.02.25】診療報酬改定情報(9)

中医協が答申、告示案で改定点数が明らかに

 中医協は、診療報酬改定の答申を2月7日に行い、改定点数の入った告示案が示された。医学管理等で改定された点数や新設された点数などを抜粋して紹介する。なお3月5日には厚労省技官会議が開催され告示・通知が発出される。詳細な算定要件などは、協会の新点数説明会でお渡しする「点数表改定のポイント」で確認いただきたい。

【医学管理で改定・新設される主な点数】
・小児特定疾患カウンセリング料 
 公認心理師による場合 200点(新設・月2回2年限度)
・外来栄養食事指導料1 2回目以降 (2)情報通信機器を用いた場合 180点(新設)
・外来栄養食事指導料2(新設)
 …診療所において、医師の指示に基づき他医療機関の管理栄養士が指導した場合、初回月は月2回、その他の月は月1回算定できる。
 初回250点、2回目以降190点
・入院栄養食事指導料 栄養情報提供加算 50点(新設・入院中1回)
・心臓ペースメーカー指導管理料
 ペースメーカーの場合  360点→300点(−60点)
  遠隔モニタリング加算 320点→260点(−60点)
 植込型除細動器又は両室ペーシング機能付き植込型除細動器の場合
 360点→520点(+160点)
  遠隔モニタリング加算  320点→480点(+160点)
・高度難聴指導管理料 人工内耳機器調整加算 800点(新設)
 …人工内耳植込術を行った患者に対して、人工内耳用信号処理装置の機器調整を行った場合、6歳未満は3カ月に1回、6歳以上は6カ月に1回算定。
・がん患者指導管理料
 遺伝子検査の必要性等について文書により説明を行った場合 300点(新設・1回限り)
・婦人科特定疾患治療管理料 250点(新設・3カ月に1回)
 …器質性月経困難症を有する入院外の患者に対して、適切な研修を修了した婦人科医又は産婦人科医が定期的な医学管理と必要な指導を行った場合に算定。
・腎代替療法指導管理料 500点(新設・2回限り)
 …腎代替療法開始前の入院外の患者に対して、医師と看護師が共同して治療方針について話し合い、その内容を文書等で提供し、1回の指導を30分以上行った場合に算定。
・ニコチン依存症管理料1
 初回  230点(据え置き)
 2回目から4回目まで (1)対面で行った場合     184点(据え置き)
 (2)情報通信機器を用いた場合 155点(新設)
 5回目 180点(据え置き)
・ニコチン依存症管理料2 800点(新設・初回時1回限り)
 …初回から5回目までの一連につき算定。
・療養・就労両立支援指導料
 1,000点(6カ月に1回) → 初回 800点(月1回限り)
 2回目以降 400点(月1回・3カ月限度)
 相談体制充実加算 500点→ 相談支援加算 50点
・遠隔連携診療料 500点(新設・3カ月に1回)
 …対面診療を行っているてんかん又は指定難病の疑いがある患者に対して、診断を目的として他の保険医療機関の医師と情報通信機器を用いて連携して診療を行った場合に、対面診療を行っている医療機関で算定。診療報酬の分配は合議となる。
・診療情報提供料(1)
 …電話等による再診の際に、休日又は夜間の救急医療機関の受診を指示した上で、同日に情報提供を行った場合、情(1)の算定ができる。
 …主治医から障害児が通学する学校医等へ情報提供を行った場合に情(1)を算定(新設)。
歯科医療機関連携加算2 100点(新設)
 …周術期における口腔機能管理の必要を認め、歯科医療機関の受診日の予約を行った上で紹介を行った場合。
・診療情報提供料(3) 150点(新設・3カ月に1回)
 …対象患者は、(1)地域包括診療加算、地域包括診療料、小児かかりつけ診療料、在医総管・施医総管(支援診・支援病)を届け出ている医療機関から紹介された患者、(2)妊娠している患者であって、産科若しくは産婦人科標榜医療機関から紹介された患者、(3)別の医療機関から地域包括診療加算等の届出医療機関に紹介された患者。
・退院時薬剤情報管理指導料
 退院時薬剤情報連携加算 60点(新設)
 …入院前の内服薬の変更又は中止した患者について、保険薬局にその理由や患者の状況を文書で提供した場合。

▲ このページの先頭にもどる