会員のページ

【20.02.15】診療報酬改定情報(8)

中医協 〜個別改定項目が示される かかりつけ医機能の強化や入院医療の実績強化など、多岐にわたる改定内容

1月29日の中医協には、改定点数が入っていない個別改定項目(いわゆる短冊)が提示された。パブコメの締切から7日後、公聴会からわずか5日後の提案であり、パブコメや公聴会での意見も十分検討されない状況は、今回も変わらなかった。
提案された個別改定項目の内容をいくつか紹介すると、「かかりつけ医機能」にかかわる内容が目につく。機能強化加算については、患者への情報提供の要件として、必要に応じた専門医・専門医療機関の紹介と、医療機能情報提供制度を利用してかかりつけ医機能を有する医療機関の検索が可能であることが院内掲示事項に追加され、掲示内容を書面にして患者が持ち帰れるように置いておくこと、患者の求めに応じて署名交付することが新たな要件とされる。
地域包括診療加算は施設基準が見直され、複数医療機関の連携による体制が要件となっている時間外対応加算3でも届出が可能となる。また、地域包括支援加算や在宅時医学総合管理料(支援診・支援病)などを届出しているかかりつけ医機能を有する医療機関等から紹介された患者について、紹介先医療機関から紹介元医療機関に情報提供を行った場合に算定する「診療情報提供料(掘」が新設される。対象患者は、‐匆雜気里かりつけ医機能を有する医療機関から紹介された患者、妊娠している患者で、産科・産婦人科標榜医療機関から紹介された患者、J未琉緡典ヾ悗らかかりつけ医機能を有する医療機関等に紹介された患者で、3カ月に1回の算定とされている。
小児かかりつけ診療料・小児科外来診療料は、算定対象が3歳未満から6歳未満に拡大される。また、状態として院外処方箋を交付している医療機関が同一月内に投薬を行わなかった場合、現在は「処方箋を交付しない場合」の点数が算定できるが、院内処方を行わない場合は「処方箋を交付する場合」の点数で算定する扱いに見直される。なお、小児抗菌薬適正使用支援加算の算定対象も6歳未満に拡大となるが、算定回数は月1回に限られる。また小児科外来診療料は、施設基準の届出が必要となる。
医学管理に関連する内容では、生活習慣病管理料の指導要件に、糖尿病患者に対して患者の状態に応じて、年1回程度の眼科受診を行うことが追加される。ニコチン依存症管理料については、2回目から4回目に対面診療の点数の他に情報通信機器(オンライン)を用いた場合の点数が新設されるとともに、一連の治療を評価し初回指導時に1回限り算定する点数も設けられる。また、加熱式たばこの喫煙者も対象となる。
前回改定で導入されたオンライン診療については、対象拡大や要件緩和がされる。オンライン診療料は、対象患者に慢性頭痛患者が追加される。慢性頭痛のオンライン診療に適切な研修を修了した医師に限るとの要件となっている。また、オンライン在宅管理料や精神科オンライン在宅管理料も含め、事前の対面診療の期間が現行の「6カ月以上」から「3カ月以上」に短縮される。他に、てんかんや指定難病の疑いのある患者について、かかりつけ医が対面診療を行っている状態でオンラインにより別の遠隔地の医師と連携して診療を行った場合に、対面診療を行っている医療機関が算定する「遠隔連携診療料」が新設される。連携する遠隔地の医療機関との診療報酬の分配は相互の合議となる。
在宅医療では、複数の医療機関が連携して行う際に算定する在宅患者訪問診療料(機砲2は、主治医の求めに応じて6カ月を超えた算定ができることが明確化されるが、切実な要求である月1回の算定制限については改善がされない。在宅患者訪問看護指導料については、当該指導料やターミナルケア加算などの前年度の算定実績の要件を満たした場合に算定する「訪問看護・指導体制充実加算」が新設される他、同一建物居住者に対する難病等複数回訪問加算や複数名による訪問看護加算が、同一建物内「1人」「2人」「3人以上」の点数に区分される。
検査では遺伝子検査・染色体検査判断料の新設、超音波検査の断層撮影法についてパルスドプラ加算の引き下げと訪問診療時に行った場合の点数が新設される。また、投薬では外来患者に対する調剤料や処方箋料の一般名処方加算、調剤技術基本料の点数見直し、精神科専門療法では依存症集団療法の対象疾患にギャンブル依存症の追加、処置では義肢装具の点数項目の見直しなども盛り込まれている。
また、消費税を財源として別枠で改定率が設けられた救急医療体制実績への評価や、重点項目とされた医師等の働き方改革に対応する人員要件の緩和、医療機能や患者の状態に応じた入院医療の評価の見直しなど、入院点数にかかわる改定も多岐にわたる内容となる。(つづく)

●2月7日(金)に中医協総会で答申が行われた。点数表などの総会資料は保団連ホームページ(https://hodanren.doc-net.or.jp/)にアップしています。

▲ このページの先頭にもどる