会員のページ

【18.08.25】2018年度の指導方針(3)

集団的個別指導の対象医療機関
平均点数、調整点数が明らかに

 協会では2018年度の指導方針について、東海北陸厚生局に情報開示を求め、選定委員会に提出された資料などを入手した。昨年度の個別指導の実施件数とその結果、今年度の個別指導の予定件数などの指導対象選定資料の中から、本号では、集団的個別指導の対象件数と対象医療機関の平均点数などの資料を紹介する。
 今年度の集団的個別指導は既に実施されたが、対象医療機関数、対象医療機関の最低平均点数は<表>のとおりとなっている。また、主に院外処方を行っている医科診療所に、院内と院外の医療機関の平均点数との差を加える「調整点数」が設けられているが、この点数も明らかとなった。
 今年の開示資料では、従来から開示されている集団的個別指導や高点数理由による個別指導の対象医療機関の平均点数一覧に加え、診療科区分別のすべての医療機関の平均点数を上位から並べた一覧も開示された。
 なお、レセプト件数が30件未満の医療機関と、前年度・前々年度に集団的個別指導または個別指導を受けた医療機関は集団的個別指導の対象から除かれるが、基準点数と集団的個別指導の対象医療機関の平均点数の最低値に差がほとんどなく、3年サイクルで、基準点数を超える医療機関は、ほぼ集団的個別指導の対象となっていることが分かった。  

▲ このページの先頭にもどる