会員のページ

【17.04.05】健保だより

ゴールデンウィークの長期投与について

 ゴールデンウィークに係る期間に、投与日数が14日に制限されている薬価収載1年以内の新薬、麻薬、向精神薬を投与する場合、1回30日分を限度に投与することができます。その場合は、レセプトの「摘要」欄に「ゴールデンウィークに係る」旨の注記が必要です。院外処方せんを交付する場合は、処方せんの「備考」欄に記載します。
 投与制限日数が30日の薬剤は、30日を超えての投与はできませんのでご注意ください。
 投与日数に制限の無い薬剤は、通常どおりレセプトの「摘要」欄に注記する必要は無く、予見できる必要期間の投与ができます(ただし、2016年4月診療報酬の改定によって、湿布薬については1処方につき70枚を超えて投与する場合は注記が必要なのでご留意ください)。

▲ このページの先頭にもどる