会員のページ

【09.11.08】「保険でより良い歯科医療を」愛知連絡会が栄で街頭宣伝

「保険でより良い歯科医療を」愛知連絡会が栄で街頭宣伝

協会も参加する「保険でより良い歯科医療を」愛知連絡会では、11月8日(日)のイイハデーに、名古屋市栄で歯科医療改善を訴える街頭宣伝を行った。
午後一時から始まった街宣は、大藪愛知連絡会会長をはじめ歯科医師や歯科衛生士が交代でマイクを握り、歯科では新しい治療法がほとんど保険導入されていないこと、歯科診療報酬が低く抑えられていること、歯科技工士は過酷な勤務と低収入により離職を余儀なくされていることなどを紹介し、歯科医療の改善を求める署名への協力を訴えた。
また、歯の健康相談や簡易測定器を使用した口臭チェック、ガムによる咀嚼力チェック、歯周病チェックのコーナーを設け、歯の健康の大切さも呼びかけた。
当日は天候にも恵まれ、一時間余りでチラシなど500枚以上を配布し、「保険で良い歯科医療」の実現を求める署名が207筆寄せられた。

▲ このページの先頭にもどる