市民の皆様へ

【20.02.15】「あいち医師・歯科医師九条の会」憲法のつどい

どうなる憲法、どうする憲法
安保法制下の自衛隊〜踏み越える専守防衛〜

◆講 師 半田 滋氏(東京新聞論説兼編集委員、獨協大学非常勤講師、法政大学兼任講師)
◆と き 2月15日(土)午後3時〜5時
◆ところ 愛知県保険医協会伏見会議室
◆参加費 医師・歯科医師1,000円、一般市民500円
※安全保障関連法が施行されてから3年半。同法の適用は、南スーダンPKOの「駆け付け警護」、シナイ半島への多国籍軍への自衛官派遣と具体的に進み、防衛計画大綱では空母保有やイージス・アショアの導入など攻撃的兵器の導入や米国製武器の爆買いが打ち出されています。こうした事実に基づき、安倍首相が進める憲法「改正」の狙いと、「改正」が実現した場合に起きる自衛隊の変化、わたしたちの生活の変化についてお話いただきます。

▲ このページの先頭にもどる