文化講演会

海獣学者クジラを解剖する!~海の哺乳類の死体が教えてくれること

2022年6月25日

●講 師 田島木綿子氏(国立科学博物館 動物研究部 研究主幹)
●ところ 協会伏見会議室
●参加費 無料
●定 員 50人(現地参加・先着順、オンラインの定員は500人)
●申込み 会員名、医療機関名、参加人数を協会文化部まで。オンライン参加の場合は下のボタンからお申込みください。

●講演要旨
クジラ、イルカ、アザラシ、アシカ、ジュゴン、マナティ、ラッコ、ホッキョクグマたちは、海に棲む哺乳類として知られています。そんな彼らが自ら海岸に打ち上がってきてしまうストランディングという現象が日本を含めた世界中で起きてます。
彼らの死体を解剖・調査・研究することで彼ら自身や彼らを取りまく海洋環境の現状を理解することができます。
そして、それは同じ仲間である我々人間を理解することにもつながるのです。海に棲む我らの仲間に少し思いを馳せる時間になれば幸いです。

オンライン参加登録はこちらからお進みください

オンライン参加登録

※参加にあたっての注意事項はリンク先でご確認ください

参加のお申し込み

お名前
会員番号
6桁 おわかりの方はご記入ください
医院名・勤務先

市民公開企画等の場合、「市民」とご記入ください

参加人数
メールアドレス
電話番号
その他・備考
ページ
トップ