保険でより良い歯科医療を

【11.11.14】2011年11月3日に栄で街頭宣伝

2011年11月3日に栄で街頭宣伝

   「保険でより良い歯科医療を」愛知連絡会では、11月3日(祝)午前10時半から名古屋・栄バスターミナル北側で、「保険で良い歯科医療」の実現を求める街頭宣伝を行った。

   当日は雨も心配される曇り空であったが、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士など二十五人が参加。大藪愛知連絡会会長、江原副会長をはじめ保険医協会の歯科医師や歯科技工士、歯科衛生士が交代でマイクを握り、今議論になっている社会保障と税の一体改革、TPPの影響などについてもふれながら、窓口負担の軽減と保険給付範囲の拡大の必要性、署名への協力などを訴えた。

   また歯科医師による歯の健康相談や、簡易測定器を使用した口臭チェック、ガムによる咀嚼力チェック、歯周病チェックのコーナーを設け、歯の健康の大切さも呼びかけた。

 

   1時間余りで、「保険で良い歯科医療」の実現を求める請願署名を139筆集め、またチラシなど400枚以上を配布した。

 

   

   

▲ このページの先頭にもどる