協会の主張・決議・要望

【13.07.05】個別指導等に関する緊急要望と懇談のお願い

個別指導等に関する緊急要望と懇談のお願い

2013年7月5日
 厚生労働省東海北陸厚生局
 指導監査課 課長 辻本 司 様
愛知県保険医協会
理事長 荻野高敏


個別指導等に関する緊急要望と懇談のお願い

 日頃の診療報酬の運営等に関するご努力に、心から敬意を表します。
また、平素から請求、指導等に関する質問や要望について、特段のご配慮をいただき、有難うございます。
さて、今年度の個別指導において、これまで医科では実施してこなかった高点数医療機関を対象とする個別指導を実施する方針が伝えられます。
これまでも貴会との懇談において、指導対象の選定に対して他の理由によるものが優先されること、高点数医療機関であることは『悪』ではないということ、は確認しあっています。国民皆保険の理念のもと、保険ルールに基づいて個々の患者に対して最善・最良の治療を行う結果が高点数になることは十分あります。今回の措置によって、萎縮診療に陥る医療機関が広がることが心配です。
また、今回、開示請求に対して、個別指導の選定理由の内訳が開示されなくなりました。個々の医療機関の選定理由ならまだしも、件数までも非開示にする合理的な理由は考えられません。情報開示の復活を求めるものです。
以上の趣旨から、下記事項について要望するとともに、早急に懇談の場を設けていただきたく、お願いします。
 なお、具体的な日程につきましては可能な日程を改めてご相談させていただきますので、ご配慮いただきますようお願いします。

要望項目

1.既設医療機関を対象とした個別指導において、平均点数が高いことを理由にした選定を医科・歯科ともにやめてください。
2.平均点数が高い医療機関を対象とした集団的個別指導は行わず、保険医療機関の更新時に行う集団指導において必要な指導を実施してください。
3.2012年度まで開示されていた個別指導の選定理由の内訳を開示してください。
以上

▲ このページの先頭にもどる