あいち医師・歯科医師九条の会

【14.09.01】「九条を守ろう」の声を今こそ 2つのお願い

「九条を守ろう」の声を今こそ 2つのお願い

政府は、集団的自衛権行使を容認する閣議決定を強行しました。憲法九条の下では集団的自衛権の行使は許されないとする政府の憲法解釈は長く国民に受け入れられてきました。これを国会での審議にも国民的議論にも付さずに、一内閣の判断で覆してしまうことは、到底許されるものではありません。
国民は、集団的自衛権行使容認に「反対」60%(「賛成」31%)(共同通信世論調査、8月3日)など、「反対」が多数派です。弁護士会も全国全ての弁護士会が閣議決定撤回を求めています。
医療従事者は、すでに武力攻撃事態法や自衛隊法などの有事法制で、強制的に動員させられる仕組みのもとに置かれていますが、今回の閣議決定と今後予定されている法整備で、これらの規定を海外での武力行使に適用を拡大させ、白衣の戦争犠牲者を生み出すことにつながりかねません。
愛知県保険医協会は、今こそ「九条を守ろう」「集団的自衛権行使撤回」の声を大きく上げるときと考え、次の2つの署名へのご協力をよびかけます。

※「アピール署名」及び「請願署名」は、月刊保団連9月号に同封しています。

①「守ろう憲法九条」医師・歯科医師アピール署名
大江健三郎氏・加藤周一氏など9氏の発表した「憲法九条を守るアピール」を医師・歯科医師の間で広げるために、2005年10月に「あいち医師・歯科医師九条の会」を発足し、医師・歯科医師のみなさんに賛同をよびかけています。すでに、愛知県内で1081名の先生方から賛同が寄せられています。
つきましては、「あいち医師・歯科医師九条の会」の賛同者一覧に、先生のお名前を加えさせていただきたく、お願いいたします。ご賛同いただける場合、お手数ですが、賛同用紙にご記入の上、FAX(052−834−3812)でお送りくださるようお願いいたします。

「九条の会アピール」賛同用紙(PDF)のダウンロード

「あいち医師・歯科医師九条の会」よびかけ人
(肩書きは2005年当時のもの)池 潤 (愛知県保険医協会副理事長)
堀尾 仁(愛知県保険医協会理事長)
杉浦康夫(名古屋大学医学部教授)
松井信夫(名古屋大学名誉教授)
谷本光典(元愛知県医師会副会長、故人)
三浦隆行(名古屋大学名誉教授)
中川武夫(核戦争に反対する医師の会代表)
山内一征(あいち九条の会代表世話人)

②「九条の会 請願署名」
九条の会がよびかけた、同封の「集団的自衛権行使容認閣議決定撤回」「九条を守り生かす」請願署名にご協力ください。
1.署名要領(5人連記署名用紙2枚をお送りしています)
①先生とご家族・従業員等をはじめ、患者さんなどにひろげてください。全部埋まらなくても結構です。
②住所が同じ場合は、“同上”でも結構です。未成年の方の署名も有効です。
2.返送方法 … 署名同封の返信用封筒(切手不要)をご利用ください。
3.締め切り …11月末日(秋の臨時国会に提出します)
<連絡先> 署名に関する質問、署名用紙の追加注文(送料とも無料)などは、下記までお願いします。
愛知県保険医協会・署名係
名古屋市昭和区妙見町19-2 TEL 052-832-1346
 

▲ このページの先頭にもどる